物件の選び方、その基準とは

就職をきっかけに一人暮らしをスタートさせる人は毎年たくさんいます。そこで問題となるのが、住む家をどうするかです。
特に、実家での生活が長い人にとっては、どのような物件を選べばいいのかは悩みどころでしょう。結論から言えば、ライフスタイルによって最良の選択は変わります。

ちなみに、一番わかりやすい判断基準として職場までの距離が挙げられます。自宅から通勤するときの所要時間が短ければ、移動における肉体的な負担が軽くなりますし、空いた時間をプライベートな時間にすることができます。例えば、起床する時刻を遅らせて睡眠時間をたっぷりと確保するのもいいですし、早く帰って趣味に熱中するのも良いでしょう。

それ以外の選び方として、自分の好みにあわせて物件を選ぶのもひとつの手です。具体的には、料理好きの人であれば立派なキッチンのある部屋を選べばいいですし、身体を動かすのが好きならジムや公園のそばに住むのも魅力的です。
また、一人暮らしは文字通りすべての事柄を自分自身で解決しなければいけないため、ストレスを感じづらい環境を選ぶのも大切です。そのためにも、住もうと思っている物件の周りを軽く巡回してみることをおすすめします。昼間だけでなく、できれば夜間の様子も調べておきましょう。

いずれにしても、どの部分を重視するのか事前に整理しておくのが大切です。希望する条件がふわふわしたままだと、選択の仕方も中途半端になりがちで、後々で後悔する可能性が高いです。一人暮らしの生活は数年間続くというのが一般的なため、丁寧に賃貸を選ぶ必要があります。

■あわせて読みたいサイト《一人暮らし大作戦》■